指導方針・スタッフ

スタッフ

指導方針について

逗子リトルリーグでは、明朗でフェアプレーに徹する人間づくりを目指し、次のような方針で選手の指導にあたっています。

  1. 心身ともに健康な人になること
  2. 情操豊かで、あたたかい心を持った人になること
  3. 物事を自立的に正しく判断し、勇気を持って実行できる人になること
  4. 努力して、成し遂げることの楽しさを味わえる人になること
  5. 規律を守り、責任を重んじ、他人と協調できる人になること
  6. 礼儀正しく、素直に感謝できる人なること

 

スタッフについて

逗子リトルリーグには、子供たちのためにたくさんのスタッフがサポートしています。
スタッフの多くは現役選手の保護者や卒団生の保護者の方々ですが、そうでない方も参加されています。

  1. 事務局
    逗子リトルリーグの窓口です。リトルリーグ連盟からの連絡をまとめ、様々な申請を行っています。
  2. 監督
    全クラスを見る総監督、ならびに、各クラスごとに監督がいます。
  3. コーチ
    各クラスに2〜3名いて、監督の方針のもと選手を指導しています。
  4. 審判員
    対外試合や大会では、各チーム2名の審判員を派遣することになっており、逗子リトルリーグでは10名を超える審判員がおります。
  5. 各種役員
    各クラスのマネージャー、会計担当など、リーグの運営を分担しております。

 

スタッフ紹介:役員

会長…矢部房男
副会長…永井貞夫
名誉事務局…高橋美奈子(湘南スポーツ)
顧問…片山晃
総責任者/総監督…吉原裕行
事務/連盟窓口…副島さやか 
 

スタッフ紹介:リトルクラス

監督…吉原
コーチ…早川、加藤(兼務)
<方針>
チームとして勝つことを目指し、個人の技能、体力に応じて技術面を含め指導します。
選手は常に目標を持ち、練習・試合に取り組むことを行っています。
シニアリーグ、中学野球さらには高校野球でプレーする時に重要な基本的技術の習得を目指します。 
 

スタッフ紹介:マイナークラス

監督…廣重
コーチ…角田、加藤(兼務)
<方針>
野球単道! 真の硬式野球道入門として、一生懸命にプレーすることの大切さを感じてもらう事に重きを置き、上級クラスで通じる精神力並びに身体能力の向上を目指します。 
 

スタッフ紹介:ジュニアクラス

監督…片山
コーチ…河野
<方針>
広いグラウンドで思いっきり走り回る楽しさ、ボールを打ったり、投げたり、あっという間にできるようになる楽しさを体験してもらいます。
団体活動の中で上級生を見習い、大きな声で挨拶することや一緒に行動することができるように指導しています。
父兄もできるだけグラウンドに出て子供たちと一緒にプレーしてもらっています。 
 

スタッフ紹介:審判団(連盟審判部)

尾口義弘(神奈川連盟審判部部長・技術部長)
吉井俊春(神奈川連盟審判部顧問)
松岡徹夫(神奈川連盟技術副部長) 
 

スタッフ紹介:審判団(リーグ審判員)

審判員…副島武雄(審判長)、小林(主任)、加藤(主任)、鍋谷、岩崎、岡本、渡辺、野宮、瀧口
<方針>
逗子リーグの審判員は、一生懸命プレーする子供たちのために常に最高のジャッジを目指しています。練習試合でも全員審判服を着用し、選手のやる気、緊張感、集中力を高めるよう心がけています。